村山医療センター
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
看護部

回復期病棟(第1病棟)

脳血管疾患や大腿骨頚部骨折術後の患者さんに対し、症状が安定した回復期に集中的にリハビリテーションを提供する病棟です。リハビリテーションは、土日祝日を含めた365日行っています。また、1回/月病棟レクリエーションを催しています。病棟レクリエーションは、看護師とリハビリテーション療法士が協力し、企画から運営までを行っています。季節感を取り入れリハビリテーションに活かしています。退院調整も含め、医師、看護師、リハビリテーション療法士、MSW、管理栄養士によるチーム医療を推進し、患者さんの1日も早い回復と在宅復帰を支援しています。

対象疾患について※1

疾患 入院上限日数
脳血管疾患、脊髄損傷※2、頭部外傷、くも膜下出血のシャント後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、多発神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後、若しくは手術後の状態、又は義肢装具装着訓練を要する状態 150日
高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、頭部外傷 180日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折または、2肢以上の多発骨折の発症後または術後の状態 90日
外科手術または肺炎等の治療時の安静により廃用症候群を有しており、手術後または発症後の状態 90日
大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の神経、筋または靭帯損傷後の状態 60日
股関節または膝関節の置換術後の状態 90日

※1 人工呼吸器を装着している状態、著しい意識障害を有してる状態での入院はお断りさせていただく事があります。また、当院で人工透析を要する方の対応はできません。上記疾患であっても状態によって地域包括ケア病棟でのお受入れとなる場合があります。
※2 当院では原則的に脊椎損傷専門病棟(骨・運動器病棟)でのご案内となります。

リハビリ


整形外科,脊椎,脊髄,脊髄損傷,リハビリ,国立病院機構のナビ

独立行政法人国立病院機構 村山医療センター 東京都武蔵村山市学園2-37-1

Copyright 2014 Murayama Medical Center ALL RIGHTS RESERVED.